インタビュー ~ 堺の元気!企業紹介 ~

インタビュー ~ 堺の元気!企業紹介 ~

海苔への思いを今、新たに。 株式会社山德 汲田喬宏取締役

戦後、物資の少ない時代に 生み出された味付け海苔

私たちが日頃、朝食やおにぎりで親しんでいる味付け海苔を、先駆けて関西で初めて商品化したのは、堺市美原区にある株式会社山德です。物資が豊かでなかった戦後に、海苔をおいしく食べる製法を研究し、世に送り出したのが創業者・汲田徳三郎氏でした。
今日、山德の海苔の年間生産量は約2億1600枚で、日本全国の生産枚数 71億枚(2015年度)の約3%を占めます。その背景には、同社の強みとして、時代のニーズを見据えて対応してきた商品開発力や技術力がありました。例えば、お馴染みのコンビニおにぎり。薄いフィルムを引っ張って、巻きたてのようなパリッとした海苔の食感を楽しむ仕組みを共同開発したほか、「おにぎりがあって、なぜ手巻き寿司がないのか」という声から、巻きたての海苔の風味が楽しめる手巻き寿司を、機械から開発(特許取得)しています。
汲田喬宏取締役は「当社の経営理念にも掲げていますが、社員全員が起業家精神をもって日々の業務に臨んでおり、展示会などさまざまな機会にヒントを得て、新商品に結び付くアイデアを考えています。また、当社はそれをトップに提案しやすい企業風土を作っていますね」と語っています。


製品の用途で産地を使い分けるこだわり

アイデアが商品化された具体的な例としては、金属に刻印するレーザーマーカーがヒントとなって実現した、文字などの描かれる"模様付き板海苔"をはじめ、動物や植物の形にカットされ"型抜き海苔"があります。企業のロゴを入れた記念品や結婚式の引き出物として活用されたり、某アイドルグループのオリジナルグッズとして星型海苔の入ったふりかけが作られるなど、海苔の新たな需要拡大に貢献しているようです。
製品の用途によって海苔の産地を変えているのは、海苔製品のメーカーとして強いこだわりです。「海苔の原草は、有明産も瀬戸内産も同じスサビノリですが、海流や環境によって性質が異なります。干潟で栄養分が多く、日光によく当たっているため甘みの強い有明産の海苔は、味付け海苔や手巻き寿司に向いていますし、速い海流の中で育ち、仕立てのしっかりした瀬戸内産海苔は湿っても割れることがないので、巻き寿司に向いていますね」と汲田取締役。その年の原草の良し悪しに関係なく、商品の品質を安定させるための買い付けの苦労もあるようです。


百年の計ともいうべき最高の製品で創業の志を次代へ

日本人の海苔好きは変わることはありませんが、今も需要の開拓、販路の拡大に向けて手を緩めることはありません。別の商材で取引のある得意先へ、海苔を使ったメニューの提案を行うこともあります。海外に向けては、すでに販路を持っているカナダとオーストラリアのほかに、海苔を使う食べ物が多いと聞くブラジルへの進出も検討しています。
5年後に創業100周年を迎える山德では、長年に培ってきた全ての技術を結集させた最高級味付け海苔を開発、発売しています。予算という枠を外して、考えうる最高の原料と最高の技術を注ぎ込んだ味付け海苔を作ってみたいという社員の思いから商品開発がスタート。高級砂糖の和三盆に独自の比率で水飴を加えたものを使用しているほか、設備製造ラインもそれ専用に改造しました。何度も試作を重ねて実現したのは、パリッとした硬さがありながら、口の中ではふわっと溶けていく味付け海苔。上品で芳醇な味と香りが楽しめる、同社のフラッグシップともいえる製品で、創業者の名前から「徳三郎シリーズ」と名付けられています。

誰もが知っている、つまり普及率が高いということが意味するのは、人々のニーズを確実にキャッチできているということに他なりません。高品質というだけでなく、売れるために必要な情報への感度、マーケティング、営業力もそなえた堺のものづくり。まるで貿易都市として栄えた頃に、堺の鉄砲などを全国に売り歩いた堺商人のDNAが脈々と息づいているようにも思えました。


▲山德の全てを注ぎ込んで生まれたという「徳三郎シリーズ」には、しょう油味の「匠」、塩味の「趣」、しそ味の「涼」がある。

地域に愛される企業をめざして「のり海苔祭り」を開催

山德の1日の生産処理枚数は、海苔を縦につなげると大阪から名古屋を超えるほどの量に達するとか。全国に販売網を広げる同社だが、一方で地域に愛される企業でありたいと汲田取締役は語る。「数年前から年に4回、"のり海苔祭り"を本社で開催しています。当社製品を手頃な価格でお分けしているほか、社員が全国を訪ね歩くなかで知った、各地のおいしいものを集めて販売しています。百貨店の物産展のようで楽しみとおっしゃっていただいていますね」。

株式会社山德

代表者名代表取締役社長 汲田博之
本社堺市美原区大饗100-1
TEL 072-362-2257
設立1921年創業 1973年設立
資本金3,000万円
従業員数131名
事業内容海苔・乾物その他一般食糧の卸売、焼海苔・味付け海苔の製造加工販売
ホームページ http://www.yamatoku.co.jp/company/

貸会場のご案内 TEL 072-255-0111 FAX 072-255-3570 ご案内ページはこのボタンをクリック

  • メールマガジン
  • お知らせ一覧
  • 南大阪地場産業ポータルサイト
  • さかいIPC 環境ビジネス研究会
  • さかいIPC
  • 堺の匠を贈る