ガラス工芸

和泉市では細工加工に適した軟質ガラスを用いたガラス工芸が古くから発達しています。
また、色ガラスの使用が多いことも材質面からみた特徴のひとつです。
加工方法としては、まず原材料からガラスの棒素地をつくり、束ねたガラス棒素地の先端を火で溶かし、手加工によって動物や船、馬車等の置物類が作られます。
長年の経験に裏付けられた技術と研ぎ澄まされた感覚は、微妙な光の屈折を思うままに表現した味わい深い作品を生みだします。
現代では、希少価値が高く、お部屋のアクセサリーとして、趣味の生活用品として多くの愛好家の支持を得ています。

写真をクリックしていただくと、大きく表示されます。

  • ガラス工芸
  • ガラス工芸
  • ガラス工芸
  • ガラス工芸
  • ガラス工芸
  • ガラス工芸
  • ガラス工芸
産業団体名称 日本人造真珠硝子細貨工業組合
所在地 〒594-0006 和泉市尾井町2丁目2-19
TEL番号 0725-41-2133
FAX番号 0725-41-2135
HP(URL) なし