刃物

堺には百舌鳥古墳群に代表されるように、数多くの古墳があり、5世紀には、この古墳群を作るための道具を製作する人々が集団を作り、鍛冶技術が発展する基礎ができていたといわれています。

特に、16世紀にポルトガルよりタバコが伝わり、国内でタバコの葉を栽培するようになると、タバコの葉を刻む「タバコ包丁」が作られるようになりました。この堺製のタバコ包丁は、輸入品のタバコ包丁より優れていたため、江戸時代には、幕府が「堺極(さかいきわめ)」という極印を入れ、全国に販売しました。

このように、堺刃物のルーツは「タバコ包丁」であり、産業としての発展の基礎もこの時期に確立しました。
なお、昭和57年(1982年)3月には、昔からの優れた伝統技術を受け継ぐ「堺打刃物」が通商産業大臣(現・経済産業大臣)により「伝統的工芸品」に指定され、また、平成19年(2007年)10月には、「堺刃物」と「堺打刃物」が地域団体商標に登録されました。今では、日本料理人用の包丁の多くが堺製といわれています。

刃物

産業団体名称 堺刃物商工業協同組合連合会
所在地 〒590-0941 堺市堺区材木町西1丁1-30(堺伝統産業会館内)
TEL番号 072-233-0118
FAX番号 072-238-8906
HP(URL) http://www.sakaihamono.or.jp/main.html