注染和晒(ちゅうせんわざらし)

泉州地区(大阪府南部)は古くから木綿栽培が盛んでありました。とくに江戸時代には米より収益のよい木綿栽培が増加し、最盛期には全耕地の40%を占めました。

堺の津久野毛穴(けな)地域周辺は、大阪という大消費地と綿生産地との中間に位置し、晒(さらし)に必要な大量の水を供給できる石津川が流れていることから、晒業が発達しました。

晒とは、原反(生なり)の脂分や不純物を除去し漂白し、品質を均一にする工程です。

かつて、昭和中期までは、川いっぱいに純白の布が流され、河原では天日漂白する光景が見られました。ボイラーやポンプの普及および河川の水質低下により、現在では屋内で作業するようになり、もはやこのような光景は見られなくなりました。

明治時代、ゆかたの染めは、長板染と呼ばれる藍単色染めが中心でした。これは「東京本染めゆかた」と呼ばれ隆盛を誇っていました。

明治36年、大阪の注染手拭業者が注染によるゆかたの染色加工を企画し、大阪市天王寺区で開催された第5回内国勧業博覧会にその試作品が入賞し、大好評を博しました。そして、大正時代、大阪の注染技術者は東京、静岡、名古屋、広島、九州へと招聘されその技術指導により全国的に注染ゆかたが生産されるようになりました。

注染法とは、その名のとおり、布の上に染料を注いで着色する多色染めの技法です。折りたたまれた布地の染色する部分に防染糊で「土手」をつくり、その土手の中に染料を注ぎ込みます。注ぎ込まれた染料は布の下に配置された真空ポンプで吸い出されます。注ぎ込む染料の量と真空ポンプの操作により、染料の浸透度が決まります。また、染料が布地を通過するので、布地の表裏両面に染まるのが特長です。

注染和晒(ちゅうせんわざらし)

産業団体名称 堺注染和晒興業会
所在地 〒599-8266 堺市中区毛穴町324(毛穴会館内)
TEL番号 072-273-2147
FAX番号 072-273-2147
HP(URL) http://www.osaka-orisen.com/  (大阪府織物染色協同組合)