「さかいIPC PRESS」

SAKAIの傑作

 小さい頃から燃焼という化学反応への関心が高かったという川村治さんが独自に開発したのが、これまでになかった新しい薪ストーブ「コロケット」です。従来の薪ストーブの暖房効率があまりに悪いことから、燃焼効率の良いロケットストーブの機構を採用しながら、安全性が高く屋内でも使用できて、さらに熱効率の良いものをと開発されました。
 「コロケット」は燃焼室断面積と排気道断面積の比率を変えて長時間の燃焼を可能にしたほか、燃焼室内に石の耐火材を張ることで1,000℃の高温を維持できるようになっています。そのため、通常は乾燥させた薪しか燃料に使えないところ、生木も燃料にすることができ、しかも少しの燃料で高火力を実現しました。ほとんど煙も出ないという「コロケット」は、屋内型ロケットストーブとして特許も取得しています。
 シンプルな造りにすることで取り替える部品がほとんどないため、ランニングコストが低く壊れないというのも大きな特長。気密性の低い古民家カフェなどからの注文も多いとか。部屋の大きさなどに応じて選べるようラインアップされており、昨年にはユーザーからの要望で持ち運びできるアウトドア用「ロケットコンロ」も発売されています。




炭コンロ

株式会社コロケット
 もともと建築金物や工具の製造会社を経営していた川村治さんが薪ストーブの開発・製造に特化した事業を展開すべく、中辻多佳子社長と2017年に創業。薪ストーブのほか、焼肉店などで炭の保温に利用される炭コンロやボイラー、バイオマス温風機などの開発・製造を手がけています。
 今後、注力したいのは、廃プラスチックや紙くずを破砕してペレット状に成型した固形燃料(RPF)の活用で、現在も世界の食糧危機対策として期待されている昆虫食用のコオロギの養殖装置を開発中です。同社が得意とする熱効率の高い燃焼炉を採用することで、人手をかけずに低コストで、さらに大量生産を実現するシステムづくりを目指しており、燃料にRPFを利用することで社会貢献にもつなげたい考えです。

代表者名 代表取締役 中辻 多佳子
本社 堺市西区鶴田町30-81
TEL 072-284-8218
設立 2017年設立
資本金 300万円
従業員数 2名
事業内容 薪ストーブ・バイオマスボイラーの開発・製造・販売
http://korocket.com/

中辻多佳子社長(左)と
技術開発者の川村治さん

堺市産業振興センター1階「さかいモノてらす」で展示中
(展示期間 2022年9月末~12月末頃までの予定)

貸会場のご案内 TEL 072-255-0111 FAX 072-255-3570 ご案内ページはこのボタンをクリック

  • メールマガジン
  • お知らせ一覧
  • 南大阪地場産業ポータルサイト
  • さかい健康医療ものづくり研究会
  • さかいIPC